ロイテリヨーグルト(オハヨー)の味の感想!食べるタイミングはいつ?

オハヨー乳業(OHAYO)から発売されている「ロイテリヨーグルト」を買ってみました。

「ロイテリ菌」って、どんな効果があるのか気になります!

「ロイテリヨーグルト」の味の感想などをまとめました。

 

オハヨー乳業「ロイテリヨーグルト」を食べてみました

「ロイテリヨーグルト」

  • 内容量:110グラム

「ロイテリ」とは、人の体から発見された乳酸菌の種類である「ロイテリ菌」がはいったヨーグルトです。

砂糖を使わずに「キシリトール」でやさしい甘さに仕上げています。

生乳を使っているのでミルクのコクが味わえるヨーグルトスイーツです^^

パッケージが淡い色で他のヨーグルトと並んでいると目を引きますね。

 

フタを開けるとこんな感じ。

ヨーグルトの色は、真っ白です。

カチッとした表面ではなく、すでに全体がとろっとしています。

 

スプーンですくってもこんなにとろっとしています。

すくってもすくっても、ヨーグルトはとろっとした状態のまま。

なめらかなヨーグルトというのが、この時点でわかってしまいました。

 

スポンサーリンク

「ロイテリヨーグルト」味の感想

甘さ控えめヨーグルトの酸味は弱めです。

そのかわり、とってもミルクのコクが感じられる味がしました。

ヨーグルトが苦手な人でも食べられるまろやかな味だと思います!

なめらかな舌触りとミルクのコクが味わえてとってもおいしかったです^^

 

「ロイテリヨーグルト」は砂糖不使用で、そのかわり「キシリトール」で甘さを出しています。

食べすぎるお腹がゆるくなる原因になりますので、食べすぎには注意してくださいね。

2個、3個いけちゃう美味しさですが、ここだけはしっかり覚えておいてください!

あと「ロイテリ菌」は熱に弱いので、「ロイテリヨーグルト」を温めては「ロイテリ菌」が死んでしまうのでおすすめしません。

「加熱しては乳酸菌の効果がない」というのは普通の「ヨーグルト」と違うところですね。

>>プロビオヨーグルトR-1【明治】ブルーベリー味の感想!脂肪ゼロの理由は何?

 

「ロイテリ菌」って何?食べるとどんな効果があるの?

「ロイテリ菌」は、口の中で働く乳酸菌

「口の中」は、体の中の一番最初の入り口。

「腸内フローラ」という言葉はよく聞きますが、「口内フローラ」を良くしてくれるのが「ロイテリ菌」です。

「ロイテリ菌」の効果で「口の中の菌の環境」を整えることで、さらに「体の中の菌の環境」をより良く整えてくれます。

「ロイテリ菌」は私達の体を守るとっても優れてた菌なんです。

 

「ロイテリヨーグルト」を毎日食べると「口内フローラ」を保つのに効果的です!

オハヨー乳業の「ロイテリヨーグルト」なら毎日食べられる美味しさだと思います^^

>>「きょうの鉄分葉酸ヨーグルト」プルーン味の感想!健康効果は何があるの?

 

「ロイテリヨーグルト」を食べるタイミングはいつ?

「ロイテリヨーグルト」は口の中で働く乳酸菌です。

いつ食べれば効果的なのか、と気になるところですが

「ロイテリヨーグルト」を作っている「オハヨー乳業」では、食べるタイミングについては、特に推奨していません。

いつ食べても「ロイテリヨーグルト」の効果は変わらないみたいですね。

 

「ロイテリヨーグルトは 毎日食べると効果的」ということをすすめています。

さらに「ロイテリヨーグルト」を食べた後は、30分くらい経ってから歯磨きをする、とういことをすすめています。

食後すぐに歯磨きすると、口の中にいた「ロイテリ菌」がいなくなってしまいます。

なので、「ロイテリ菌」が口の中にどどまってくれる30分後くらいに歯みがきをしましょう!

これで、「口内フローラ」を保つのに効果的です^^

 

ちなみに「砂糖」を使っていないので、歯磨きしなくて大丈夫、、、

ということはありません!

当たり前ですが、「ロイテリヨーグルト」を食べても食後はちゃんと歯磨きはしたほうがいいですよ!

 

まとめ

オハヨー乳業「ロイテリヨーグルト」は、「口内フローラ」を良くしてくれる「ロイテリ菌」が入ったヨーグルトです。

砂糖不使用の「キシリトール」の甘さ控えめな味で、生乳を使ったミルクのコクが味わえるおいしいヨーグルトでした!

「ロイテリヨーグルト」は毎日食べると「口内フローラ」を保つのに役立ってくれます。

「ロイテリヨーグルト」を食べた後は30分以上してから歯磨きすると「ロイテリ菌」が口の中でどどまってくれますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください