月刊アベチアキのコッペパンでおすすめの味はどれ?お店の場所はどこ?

   

Pocket

給食などでもお馴染みのコッペパン

サイズもちょうどいいので食べやすくて女性としては嬉しいです。

今年は「コッペパンサンド」が流行るといっていたので、

コッペパンを使ったお店が確かに増えている気がします。

今回新しく登場するコッペパン専門店「月刊アベチアキ」

コッペパンブームの波に乗ってくれるでしょう!

「月刊アベチアキ」のコッペパンについて調べてみました!

スポンサーリンク

アベチアキさんって誰?どんなお店?

「月刊アベチアキ」って、全然飲食店のお店の名前って感じじゃないですよね(笑)

お店の名前は、オーナーである阿部千秋さんの名前をとってこんな名前になっています。

 

「月刊」とつくのにも理由が。

月刊誌を毎月楽しむような気持ちで、

お店を訪れるたびに新しい発見が見つかるようなお店にしたいという気持ちからつけられました。

 

オーナーの阿部千秋さんは、東京の町田にある「パン・パティ」で店長をされていた方。

元々はパン好きのOLさん。

ここから趣味の粋を超えて、ついには東京でも名のあるパン屋の店長に!

パンへの情熱、半端ないですね!

そしてコッペパン専門店「月刊アベチアキ」をオープンするまでになりました。

 

お店で出されるのは、阿部千秋さんこだわりの配合で作られたふわっとした柔らかいコッペパン!

その間にサンドする具材は、注文してから挟むスタイルなので出来たてを提供してくれます。

 

お店の形態は、お客さんが食券を買って購入するというスタイル。

店員さんがお金に触れることがなくて衛生的という理由で食券機を導入しています。

注文間違いもないので、買う方としても嬉しいです!

 

阿部千秋さんのアイデアが満載のお店のスタイル

そして自慢のコッペパンたち!

そのラインナップ、気になります!

おすすめはどれなんでしょうか?

生どら焼きDOUドウのお店の場所や口コミは?値段や日持ちも!

 

「月刊アベチアキ」のコッペパンおすすめの味は?

スポンサーリンク

オープン当初のラインナップは

  • スイーツコッペ 19種類
  • あげぱん 2種類
  • ディッシュコッペ(惣菜) 9種類

 

値段もお求めやすい価格を意識してくれています。

これも嬉しいところです!

 

ではでは、スイーツコッペ19種類のラインナップを見てみましょう!

  • サングリア 290円
  • チョコミント 240円
  • グラノーラ 310円
  • ラムレーズン 220円
  • フルーツホイップ 260円
  • 北海道つぶあん 180円
  • いちごジャム 200円
  • ブルーベリージャム 200円
  • 北海道つぶあんマーガリン 210円
  • いちごジャムマーガリン 220円
  • ブルーベリージャムマーガリン 220円
  • 粒ピーナッツ 210円
  • Wクリーム 260円
  • ゴールデンバニラクリーム 220円
  • コーヒーゼリーホイップ 220円
  • 西尾の抹茶 210円
  • 生乳ミルクチョコレート 210円
  • 茶葉入り紅茶 210円
  • レモンあん&クリームチーズ 220円

 

この中でアベチアキさんおすすめは

  • サングリア
  • ラムレーズン
  • チョコミント
  • グラノーラ
  • フルーツホイップ

という5種類!

 

一番のおすすめは「サングリア」!

サングリアといえばスペインのフルーツワインですよね。

サングリアコッペの中身は、赤ワイン、ブルーベリー、オレンジ、シナモン、レモンを合わせたジャム!

そしてコッペの上部分にはりんごジャムを塗って2つを合わせて完成させるこだわりのコッペパンです。

赤ワインとベリーの風味が味わえる大人なコッペパン、珍しいですね!

 

そしてオートミール、アーモンド、パンプキンシード、ドライフルーツとはちみつを合わせて

オープンで焼き上げた自家製の「グラノーラ」コッペパンも気になる!

 

ひとつひとつのフレーバーにかなりこだわっているので

どれを食べても当たりな気がしますね^^

 

この中で定番商品や人気商品は、ずっと残って1年中食べられる味としてお店に並ぶんでしょうねー。

個人的には、西尾の抹茶が気になります。

京都の宇治に次ぐ抹茶の名産地「愛知県西尾市」の抹茶の味わいを楽しんでみたいです^^

 

ディッシュコッペも紹介!

軽食にぴったりなコッペパンサンドは9種類!

お腹も満足の具がたっぷりのコッペパンです。

【ディッシュコッペ ラインナップ!】

  • ピリ辛タンタンメン 390円
  • 北海道コロッケ 310円
  • 昔ながらのナポリタン 310円
  • チキン南蛮 390円
  • キャベツメンチ 370円
  • たまご 260円
  • ポテトサラダ 260円
  • コンビーフポテト 330円

 

おすすめは、タンタンメン!

自家製のピリ辛ひき肉をキャベツ・ネギ、チンゲン菜と合わせた食べごたえのあるコッペパン!

おかずパンでタンタンメンは珍しいですね!

 

そして、焼きそばコッペならぬ「ナポリタン」コッペ!

パルメザンチーズと懐かしいケチャップ味の太麺パスタのコッペパンです。

食べてみたい!と思わせる、なかなか良いところをついてきますよね!

 

スイーツコッペとディッシュコッペと1つずつ買えばランチとして十分な気がします。

コッペパンってサイズも大きすぎなくて、食べやすいのも良いところです^^

ブボバルセロナ表参道店の菓子パンで人気なのはどれ?

 

「月刊アベチアキ」お店の場所は?

2017年8月26(土)からオープンする

「月刊アベチアキ」の場所は

神奈川県相模原市にあります。

 

【「月刊アベチアキ」お店情報】

住所:神奈川県相模原市中央区千代田2丁目11-10

アクセス:JR横浜線「相模原駅」から車で約10分

営業時間:10時~16時

定休日:火曜日

 

今までは東京の「パン・パティ」で店長をしていた阿部千秋さん。

今度は神奈川県で新たに「月刊アベチアキ」をスタートをします。

コッペパン専門店が人気になれば、東京進出もあるかもしれませんよね!

 

スポンサーリンク

まとめ

アイデアいっぱいのフレーバー、話題になりそうです。

チョコミントなんて、今年はけっこう流行ってますよね!

トレンドを取り入れて新しいフレーバーにも挑戦していくと思うので楽しみです。

今後は、季節ごとの味も楽しめるんじゃないかと期待しています!

 - ベーカリー , , , , , , ,